ショック! 目立つ毛にびっくり

脇の下のムダ毛が気になり始めたのは、大学を卒業して、就職のため、上京して、電車通勤をするようになったころからでした。当時、私はIT企業にて技術翻訳の仕事をしていました。自宅アパートから職場までは電車で通勤していたのですが、電車内でつり革につかまっている時に、他人の脇ってとても近くに見えるんですよね。実家が地方だったので、それまで電車やバスを使うようなことがなかった私には、人の脇が近いことがかなり衝撃的でした。女性や男性どちらでも目に入ってしまうのですが、夏場になると特に女性はノースリーブの服装の方が増えてくるのです。ノースリーブの女性がつり革につかまると、本当に脇がよく見えるのですが、その時に、今まではそんなに気にならなかった脇の下の毛が、すごくよく目立って見えて、脇の下の毛ってこんなに目立つの!とショックを受けたのを覚えています。

自分で処理した時の失敗談

定期的に処理をしていても、脇の下の毛は一本一本が太いことが多いからなのか、ちょっとでも生えてくると、その毛の頭というか黒いものがボツボツ目立って見えて、自分もこういう状態になっているのかと思うと咄嗟に脇を隠したくなりました。それから、自分で何とか処理をしようと思い、最初はT字剃刀で定期的に剃っていましたが、剃刀負けをしてしまったり、剃刀で脇を傷つけてしまって流血してしまったりと色々失敗しました。それに剃刀の場合は、やっぱり、1~2日もすればすぐに伸びてきてしまうんですよね。

続けてみた脱毛器

次に試したのは、電動脱毛器です。スイッチを入れると、歯車みたいなものが回転して毛を巻き取っ脱毛してくれるものなんですが、初めて使った時はものすごく痛かったことを覚えています。でも、脇は痛みに強いのか、すぐに痛みに慣れて、2~3週間に1度の処理で済むようになったので、だいぶ楽になりました。この電動脱毛器にも1つだけ難点があり、毛をからめとるような形なので、毛穴に対するダメージが大きく、処理をした後は、毛穴がブツブツするようになり、鳥肌のようになってしまうということでした。この処理を3年間くらい続けました。

本格的な脱毛?脱毛サロンでしょ!

それから、電動脱毛器を続けていたため、生える本数自体は、少し減っていたましたが、本当にきれいにするならば自力では難しいかなと思い、脱毛サロンに通い始めたのです。ライトを当てて脱毛するのですが、生える本数が減っていたからか、脇については、ほとんど痛みを感じませんでした。痛みを感じなかったので、逆に効果があるか不安に感じたくらいでしたが、それから1週間ほどすると毛が面白いようにスルッと抜けてくれたので、行くのが楽しみになりました。何より、肌を痛めないし、脇が鳥肌状態になることもないのがうれしかったです。

行って正解! ノースリーブも怖くなく

それから2ヶ月に1度くらいのペースで通い始めて、10回程度でほとんど脇の下の毛は気にならなくなり、今は夏場でも気にせずノースリーブを着ることができるようになりました。あのまま電動脱毛器を続けていけばいつかにっくき毛根をやっつけることができたのかもしれないですが、肌のことを考えると脱毛サロンに行って正解だったと思います。

おすすめの記事